家族みんなで! 【京王れーるランド】に遊びに行ってみた

 

こんにちは、みごすけです。

 

入場料が安く乳幼児でも遊べる場所を求めて、東京の日野市まで遊びに行ってみました!

場所は、東京都日野市にある、【京王れーるランド】

多摩動物公園の真ん前にあり、更に京王線の多摩動物公園駅からほぼ直結で行ける、電車好きには堪らない乗り物スポットです!

 

京王れーるランド

家族でも楽しめる鉄道型施設と聞いていた通り、京王れーるランドは乳幼児でも存分に楽しめる施設がある、素晴らしい遊び場でした。

そして我が家、実は今年の夏が2回目の来訪です。

昨年は長男2歳半、長女8ヶ月で一度遊びに来ており、その時は休日に来訪。
今年の夏は、世間がお盆休みに入る前の平日に来訪。

この2回の経験から、乳幼児でも楽しめる京王れーるランドの楽しみ方をここに残しておきます!

 

まずは駐車場! どこにある? 駐車料金は?

電車ならば、京王線の多摩動物公園駅か、多摩モノレールの多摩動物公園駅で下車すればすぐですが(京王線だと本当に徒歩0分の直結レベルです)、車で来訪する場合、京王れーるランドには駐車場がないので、お隣にある多摩動物公園駐車場を利用した方が良いでしょう。

立川方面からモノレール沿いに走って、京王れーるランドを過ぎるとすぐ左手にあります。

近さでいったら、京王れーるランドには一番近いと思います。

特に階段もなく、駐車場を出たら道沿いに歩いて行けばすぐに京王れーるランドなので、お子さん連れならここに停めていきましょう♪

 

駐車料金は、その時期によって変動することがあるかもしれません。

今年8月の平日(お盆前の平日)に来た時は、1日で800円でしたが、

昨年の7月の休日に来た時は、確かもう少し安くて、1日で500円でした。(夫も同じように証言しているので、間違いないかと思います)

夏休みのような長期休み期間中だと、値上がりするのかもしれません。お盆休みや年末年始に入ると、また少し値上がりするかもです。

 

ちなみに、今年は平日に行ったのでお昼過ぎに着いても駐車場はかなり空いてて余裕で停められましたが、昨年休日に行った時は、朝の10時くらいの到着で既に満車ギリギリ寸前でした。
(開館時間が9時半なので余裕かと思ったら、大間違いでした……)

この後説明させて頂きますが、施設内のプラレールで遊びたい方は開園と同時に入場した方がいいので、早めに駐車場所を確保しておきましょう。

 

入場料が安い!

入場料は、3歳以上から一律で250円です。

大人も一律で250円という所が素敵ですね!
庶民にはとても有難い料金です。

 

チケット販売機は、建物に入ったらすぐ目の前にあります。

券売機! 電車の切符を買うような雰囲気ですね。

 

無事に入館券をゲットしたら、改札?を通って入場します。

まさに、駅にあるアレです。

 

屋外施設との行き来にもこの入館券は必ず使うので、絶対になくさないように注意してくださいね☆

3歳の長男も、初めての入館券と改札に最初は戸惑ってはいても、地味に喜んでいました。

ちなみにベビーカーは館内禁止なので、この入口改札の前に並べて置いておきます。
赤ちゃん連れの方は、ここからはずっと抱っこで移動ですよ~。

 

乳幼児のメイン遊び場は2階、アスれーるチック!

乳幼児連れの方もプラレール目的の方も、まずは2階を目指しましょう。

階段を上って左に向かうと、すぐに「アスれーるチック」です。

写真に見切れましたが右側に滑り台もあります。

対象年齢は3~8歳のお子さんですね。
3歳未満の子には、すぐ隣にミニボールプールがあります。

狭く見えますが、乳幼児はこれでも大満足。

 

もちろんミニ滑り台も。

 

この「アスれーるチック」、子どもたちが本当に飽きもせずに思い切り遊べる場所です。
広いボールプールに滑り台、奥にはトランポリンもあるので、子どもたちの心をどこまでも掴んでいます。
長女のようにまだ年齢がいかないお子さんでも、保護者の方と一緒であればミニボールプールで楽しく遊べます。

何より、屋内なので真夏でも涼しいし、雨の日でも遊べるし、更に親も座って子どもを見ていられるというのがポイント高いです(笑)

現在、妊娠中で立ちっぱなしでいるとすぐにお腹が張ってしまう私としても、素晴らしい環境でした!

子どもたちも、遅めのお昼休憩を挟んでからもほぼ、この「アスれーるチック」で遊び通し、閉館時間の17時半近くまで粘っていました。

 

それと、昨年の休日に行った時は終日混雑していたので、大きいお子さんたちがミニボールプールでも大暴れしている時も多々ありました。小さいお子さん連れの保護者の方は、注意してお子さんを見てあげてくださいね。

今年の平日は、お昼前後まではそこそこ混雑していましたが、13時を回る頃にはだいぶ人がまばらになり、かなり遊びやすい環境でした。
そのまま午後になっても人が少なかったので、平日だと終日混雑はしないのかもしれません。

 

人気のプラレールコーナーは、整理券が必須

「プラレールであそぼう」も、子どもたちの大人気スポットのようです。

プラレールで自由に遊べるようになったお子さんは、上記の「アスれーるチック」同様、まずは2階を目指しましょう。
階段を上って正面が、「プラレールであそぼう」コーナーです。

追加料金一切なしですよ~。

ここは40分入替制のため、整理券が必要です。
各時間入場30分前から整理券を配布が始まるので、プラレール目的の方はまずこの整理券をゲットしなくてはなりません。

我が家の子たちはまだプラレールよりもアスレチック派ですが、整理券配布の状況等をずっと見学していると、やっぱり休日の方が激混みでしたね。

平日でも30分前に並ぶ保護者の方はたくさんいましたが、それでもまだ列に余裕がありました。休日だと、その列がえげつないというか、各時間で遊べる組も13組と限定されてしまうせいか速攻で列が満杯になっていましたね。

なので、プラレールが第一優先で遊びたいお子さんがいらっしゃる場合、休日ならば開園と同時に整理券を貰いに行った方が良いでしょう。
休日だと終日混雑気味なので、整理券必須のプラレールはまだ人がいない朝イチから行くのが狙い目かと思われます。

 

食事は持参が◎

京王れーるランド内には、食事処(レストラン)がありません。

お隣には新しく屋内施設のhughugができて、お洒落カフェも入館料なしで利用できるようですが、施設のすぐ横にある売店にしてもいちいち外に出なければいけません。(お値段も通常より高めに思います。)
たこ焼き等が売っている自販機なら休憩コーナーやテラス席にありますが、主婦目線からするとやはりお値段高め……ということで、我が家は昨年に引き続き、事前に買い込んできたパンやお握りを持参しました。

遊びながらそのままお昼にしたいというなら、お弁当持参がオススメです。

 

休憩コーナーは、2階にあります。

階段を上って右に行くと休憩コーナーですが、平日でも結構お昼時間を外しても混雑しています。
そんな場合は外のテラス席。

真夏は確かに暑いですが、まだ日陰なので多少はマシです。(真冬だと寒いかも……)
ゴミ箱や水道も完備なので、子ども連れでも意外と過ごしやすい環境でした。

 

屋外にあるミニ電車も子どもは大喜び

入場時に買った入館券を使って外に出れば、「ミニ電車」にも乗れます。
屋外と言いながらも、屋根があるので雨の日でも安心仕様です。(でも雨が降るとミニ電車は休止します)

ここでも改札通りますよ~。

 

ミニ電車は年齢関係なく、一人一律100円です。

小さい電車で、屋外施設周囲を1周してくれます。

券売機で切符を買うと、平日ならば空いているせいかすぐに乗れます。
休日だと少し並ぶので、小さいお子さんだと多少忍耐力が必要になってくるかもしれません。

それと残念ながら、まだ抱っこが必要なお子さんは乗れません。我が家の1歳半を超えた長女は、まだ一人で乗れなさそうなので夫と見学でした。

出発前にパチリ。

これは特別に、他にお客さんがいなかったので車掌のおじ様のご厚意で長女も一緒に写真を撮らせて頂いたものです。
ミニ電車に乗っている間は大人もカメラ禁止なので、写真を撮影するならこのように出発前に撮るか、他のご家族に乗っている姿を撮影して貰いましょう。

 

ミニ電車が通るので踏切もあります。

屋外には「ミニ電車」以外にも、昔の車両が展示してあります。
電車大好き!な方なら楽しいかもですが、我が家のようにまだ年齢がいかない子どもだと、車両自体には興味を示さず、ただ走り回れることだけが楽しい場所になってしまいます^^;

 

1階は体験コーナー

場所は屋内に戻って、1階の体験コーナー。

車掌体験、ジオラマ展示等、色々あります。

 

今年の平日に行った時は並んでいる方は少なかったですが、昨年はどの体験コーナーも結構並んでいたので、休日だと並ぶのは必須のようですね。

我が家の子たちはまだ体験コーナーができる年齢ではないですし、そもそも大人しく順番が待てないし、昨年同様に2階がメインの遊び場だったので、ほぼ素通りでした。

もう少し大きくなったら、1階も制覇(?)できるかもしれません。

 

その他の補足情報!

結構どうでもいいかもしれないですが、授乳室とトイレは2階の「アスれーるチック」コーナーの前にあります。

清掃が行き届いていて綺麗です。

男性トイレにもおむつ交換代があったので、おむつ交換する場合は遠慮なくパパに任せちゃいましょう!(笑)

更に、女性トイレの個室にひとつだけ男児用の小便器があるので、ママさんだけでおむつが外れたばかりの小さい男の子を連れている場合、女性トイレに一緒に入ることも可能です。

 

エレベーターもあるよ!

エレベーターは入場口のすぐ側にあります。
赤ちゃん連れの方も安心して使えます。

 

まとめ

我が家のような乳幼児連れの方は、屋内施設2階の「アスれーるチック」や、屋外にある「ミニ電車」がメインの遊び場になるでしょうが、どちらもとってもオススメの遊び場です!

「アスれーるチック」ならば雨の日でも遊べますし、子どもが喜ぶこと間違いなしでしょう。

食事は持参しつつ、ランチの時間を少しずらして取ればテラス席ならば余裕でいつでも座れますし、まだお子さんが小さいなら半日は余裕で遊べます。

我が家も今年はお昼過ぎに到着し、閉館時間の17時半近くになるまで遊んでいました。

 

ただ、非常に人気のある施設なので、休日は混雑必須です。

プラレール目的ならばとにかく整理券が必須になりますし、駐車場も早めに行かないと一番近場の駐車場はすぐに満車になってしまいますので、そこは注意が必要ですね。

 

我が家は今年2回目の来訪でしたが、また行けるようならまだまだ体験していないコーナーもあるので、再再来訪も考えています。

授乳室もありますし、乳幼児のお子さんをお持ちの方には、オススメの遊び場スポットですよ♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です